忍者ブログ
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。 愛あふれております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「…珍しいですね。ヴェイタ殿が飲みに誘って下さるとは」

「そりゃぁこっちの台詞だな。 お前がそれに乗っかってくれるとは、正直思ってなかった」
 

アドニアの空は、すでに黄昏の時間をとうに過ぎていた。
自分でも珍しいことになったという自覚はある。

拍手[0回]


巡回の時間に、偶然なのか出会ったヴェイタ殿に、
飲みに行かないかと誘われた。
偶然、今日は夕方までの巡回の後、時間が空いていた。
なんとなく、いつもなら丁重にお断りするのだが--
今日は、なんとなく。付き合えと言われた言葉に、二つ返事で同意した。
…たまにはゆっくり、酒を飲みたいと思っていたのかもしれない。
少し軽装に着替えてから、落ち合った。
 
ヴェイタ殿は、路地裏の小さな酒場に慣れた様子で入った。
少し暗い照明だが、色落ちしたガラスの甘い色が目にすぐ馴染んだ。
店主に軽く声をかけ、奥の席に座った。それに倣う。
客が入るには少し早い時間と見えた。

「…良い雰囲気の店ですね」

「ああ。昔にな、アドニアに初めて来た時に知った店だ。
その時はあまり長居できなかったんだが、 以来来る度に世話になってる。
良い情報屋もたまにいるみてぇでな」

「そう…なんですか」

あいつはたけぇけどな、と息を吐くように笑った。
難しい相手らしい。その困ったような笑い方に、つられて笑った。
ヴェイタ殿を困惑させるような情報屋か。一度会ってみたいものだ。

「アリオトは、酒はいける口か」

「うーん、そうですね…陛下を見ていただければ」

「ははっ!確かに。いけねぇとやってられねぇな」

「ええ。それなりには」

そう言いながら、ヴェイタ殿は辛口の酒を頼んだ。
東の国では、アドニアほど甘い酒はあまり無いようだ。
甘いものは嫌いではないとのことだが、やはりこの国の酒は多くは飲めないと見える。
俺もどちらかと言えば辛口の方が好みだ。
初めてだが、同じものを頼んだ。
…このような酒場で飲むのは久しぶりだ。
 

「ここの酒は、郷の味に似てるんだ」

「そうなのですか。」

「ああ。他ではあまり思い出せねぇから、結構重宝するな」

「…ヴェイタ殿は、郷には戻られないのですか」

「あー…まぁ、たまにな。用がありゃ帰るし。 今はいろいろ外のほうに用がある」

「そうですか……郷の頭領殿、は…何もおっしゃらないのですか?
人伝で申し訳ないが、ヴェイタ殿は郷でも重要な立場だと聞いています」

「ははは。そんなでもねぇよ?兄分が頭領をがっちり補佐してっからな。
俺自身は安心して外に出てられる。それに--」

「それに?」

「頭領の命だ。…『果たして』、生きて帰る。 それまでは--…『戻ら』ねぇ。」
 

…そう言ったヴェイタ殿は、強い眼差しと。…穏やかに笑んでいた。
信頼と忠義。…自分の持っているものとは、少し違うが--
同じ熱を感じた。
少し…喉元がうずく。


「お前はどうなんだ?」

「え?」

「相変わらず王には苦労させられてるんだろ?」
 
ヴェイタ殿は、肩肘をつきながら、苦笑いと取れる声色を出した。
…察してくれているらしい。その気持ちが染みて、自然と口元が緩むのを感じた。
 
「ははは。お気遣い痛み入ります」

「でもまぁ、ああいう御仁だからなぁ。仕方ねぇよな」

「くく、ええまぁ。でももう半分は諦めていますよ。
俺は、あの方のお守りを自分で望んだ訳ですから」

「一国の王のお守り、なぁ。お前も大変だな」

「いえ。それが俺に与えられた『命』ですから」

「…そうか」


ふ、と、ヴェイタ殿はまた先程とは違った笑みをもらした。
…この方は---
俺とは幾つも年は離れていないはずなのに。
何だろう。人としての重みというか…そういうものを感じる。
背負ったものの大きさというか…詳しくは知らないが… 敬意を払わずにはいられない。
自分の未熟さがいたたまれなくなるくらいに。

一体…この方はどうしてこんなにも強くいられるのだろう。

 
「…ヴェイタ殿は…」

「うん?」

「何故、そんなにも揺るぎなく前を見られるのですか」

「---」

「俺は…最近、自分がとても未熟だと感じます。鍛練の不足とも思います。
だが…それだけじゃない何かが、俺には足りない」

「…」


ふと、するりと今の安定しない内が言葉になった。
--この酒は、少しきつい気がする。…そう思うことにした。


「…情けない話なのですが…最近、何だか落ち着かないのです」

「……」

「普段なら感情を動かされないような取るに足らない言葉に…
何故か目に見えて動揺させられたり…」

「……あー…」

「あ、普通に体調がおかしいだけかもしれませんが」

「いやいやいやいや」

「え?」

「あ、…と…」

ヴェイタ殿の言葉も淀んだ。
何だろう?俺の様子がおかしかったからだろうか。
少し、宙を見やるように視線をあげてから。 …もう一度こちらに向き直した。
 

「…嬢ちゃんの読みが当りだな」

「読み?」

「いや、気にすんな。こっちの話だ。
…アリオト、俺は芝居はうまくねぇ。だから正直に言うぜ」

「あ、…はい」

「さっき、お前、街の女二人組に何か話し掛けられて、茹で上がってたろ」

「~~~あ…」

「偶然とは言え、悪かった。
決まりが悪いのも分かるが、ちょっと気になってな。
…お前、何言われたんだ?」

「……」

「さっきの『取るに足らない言葉』ってのは、それなんだろ?」

「……はい……」
 

-----騎士として、男として。こんなにも恥ずべきことはない。
…だが…---俺は、ヴェイタ殿に従った。
恐らく…他の誰にも、打ち明けられはしないと、感じたから。

 
「…その」

「うん」

「…その方に…『交際している方はいないのか』と…」

「…おー…」

「………すみません」

「や、謝るようなことじゃねぇだろ」

「……いえ、何となく…不甲斐なくて」

「なるほどなぁ」

「…弁解しているようで申し訳ないのですが」

「ああ」

「…普段なら…少なくとも感情を表に出すまではいかない…と」

「そうだな。…お前ならきっとそうだ」

「…ですが…何故か……その……」

「……」
 

…さすがに。この先は言うのは憚られた。
いくらヴェイタ殿とは言え----まさか。

…あの方の顔が、よぎっただなんて。

……何故よぎったかは分からないが。
ここであの方の名を出すなんて。
--無礼の極みだ。
 

「…お前」

「はい?」

「とりあえず潔癖なんだろ?」

「は?」

「つまり、親密な女はいねぇ、と」

「あ、はい」

「想ってる女もいねぇのか」

「…ん…と、そうですね。はい」

「………」

「………」

「…うん、とりあえずは良しとする」

「はい?」

「ああ、まぁ気にするな」

「はあ…」
 

そこで、ヴェイタ殿は一旦言葉を切った。
そして、グラスに残っていた酒を一気に空けると、
大きく息を吐いて、ぼそりと呟いた。

 
「…俺の話で悪いが」

「いえ。…はい」

「…俺は。強くなんざ、ねぇんだ」

「え?」

「…俺が強く見えるとしたら。…そう俺にさせてる奴がいるってことだ」

「……」

「俺に限らず。
…人は護るべきものがあれば、それだけがむしゃらになる」

「…はい」

「まぁ、全てそうだなんて言う気はねぇが。…俺の場合はそうだ」

「…」

「俺の護るべきもの。…郷の連中。…外で出会った仲間。…それに」
 



「…家族だ」
 

一呼吸置いて。ヴェイタ殿はそう言った。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
吼天氏(4) HOME 吼天氏(2)
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
最新CM
[12/17 いつか]
[12/16 みえさん。]
プロフィール
HN:
いつか
性別:
女性
自己紹介:
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。
これからもずっとずっとご一緒できたらいいな。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析