忍者ブログ
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。 愛あふれております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


…今度のは、。

最初のよりよっぽど酷かった。

意識が堕ちそうでおちねぇ。
即効性の毒でも盛られたみてぇだ。ゆるい断続。
堕ちたほうが余程楽だ。くそ、情けねぇ---


森の中だった。
アドニアを出て、もうかなりになる。
文化の違いが見てすぐわかるほどの。
ここは、肌の白い人間の多い大陸---?

ここに踏み込んで、感じたのは右眼の違和感。
来る、とざっと意識した時にはもう遅かったんだろう。

光が強い。
眩しい。奥が。

気持ち悪い----


…雨が、

降ってきた。




拍手[0回]



「…ち、…っく、そ……」

…穏やかな雨だが、空気自体をどんどん冷やしていく。
身体を冷やすのはまずい。
この状態じゃあ、まともに動けねぇ。
だが---情けねぇこと--言ってられねぇ。

半ば痺れている身体を動かす。
幸いに、ここは拓けた道だ。どこかに繋がってるかもしんねぇ。
…いや、…多分、……近い……。


人の…気配を感じた。
ひと……少なくない……村か、何かか…?
痛む右目を押さえながら、ようやくまっすぐ立ち上がれた。

朦朧とした頭と増してくる目の痛みと。
足元が覚束ないのが判る、だが歩かねぇとまずいだろ。
雨雲はまだ頭の上にある、
これ以上冷えると身体はますます言うことを聞かなくなるだろう。
--動けないなんて まっぴらだ---

ずきずきと痛む、熱をもったそれは容赦なく思考回路の解体にかかる。
歩く、人のいる場所に、とにかく---
普段なら人がいればいいなんて思わない。味方である保証なんてないからだ。
だが、---とにかく歩く。
俺には、…それしか選択肢は残されていなかった。



「…ぁ…」

村、だった。
穏やかな空気--雨空の切れ始めたその時だ。
最後の気力とばかりに俺は脚に芯を入れた。

そのとき、だったんだ。



…水色の、傘。

村の入口に、…誰かが立っていた。

…ちいさな、…



金の…絹のような、髪。

驚いたように、…大きな瞳を見開いて。


…女の子、…だった。

小さく声をあげて、…駆けて、きた。


「だ…っ、大丈夫かいっ…!?どうしたの、こんな、濡れて--」

「……きみは、…この村の、…ひとか……」

「そうだよ?あんた、旅の人かい?…苦しいの?」

「は…嬢ちゃんにもそう見えるか」

「誰が見てもそうだよ!歩ける?誰か--」

「嬢ちゃん、濡れるぞ…触るな…」

「そんなこと言ってる場合じゃないだろう?こっち、そうだ親方のうちにきなよ」

「親方……?…………!!!」


俺は、不覚にもすぐに気付けなかった。

俺を支えようとしてくれた、少女の後ろから--

音も、気配もなく---現れた----


「……………リタちゃん」

「あ、親方!ちょうどよかった、この人---ってあああ、ちょっ、あ----」



………俺は。

残っていた最後の気力を。
根こそぎ、持っていかれた-----


…死ぬほど、……不覚だった。



今でも、……忘れねぇ。



「おお親方あぁ!!!急に出てきちゃだめだろーーっ!?
だだ大丈夫かいっ!?起きてぇしっかりしてぇ---」

「ご、ごめんよリタちゃん」







…忘れもしねぇ。



…おまえを、初めてこの眼で見た、あのとき。



忘れねぇよ…


PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おえかきばとーん HOME (8)帳
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
最新CM
[12/17 いつか]
[12/16 みえさん。]
プロフィール
HN:
いつか
性別:
女性
自己紹介:
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。
これからもずっとずっとご一緒できたらいいな。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス解析