忍者ブログ
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。 愛あふれております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「…僕は」

そんなんじゃない。

心の中でまた、同じことを呟いた。

ご老体はヨボヨボしながら、さっき古登が行った部屋に

「そろそろかのう」とか言いながら行った。

結局のところ…僕は彼女を待つしかない。

拍手[0回]


ご老体の言った言葉の意味を考える間もなく、

彼――ハレルヤが奥から戻ってきた。

古登は、一緒では、ない。


「…っ」

「おう。古登は今爺が見てる。心配すんな」

「えと…古登は、古登はどっか悪かったのか?今何をしてきたんだ?」

「義肢の接続部の状態チェック。まぁ、俺がつくってやったんだから、

数年足らずで馬鹿になる訳ねぇけど。油差したくらいだ。悪くなかった」

「…そっか…っありがとう」

「少年が礼を言うことか?」

にや、と薄く笑われた。無自覚に出た言葉だったので、自分自身が少し驚いた。

そして、その意味をまた自覚して、僕の耳は再び熱くなった。

彼はそんな僕に構わず、金属特有の色に落ちた椅子に乱暴に腰掛けた。

「爺が言ってたが。…少年も苦労性か」

「苦労…性?」

その言葉の響きに、一瞬ぽかんとしてしまったけども。…少し苛立ちを感じた。

「古登の何を知ってる」

話の繋がりがよくわからない。だが、ハレルヤはまっすぐこちらを見て問うている。

古登の――何を、だって?

「一覇のことは知ってるのか」

…核心を突いてきた。

「…話だけ。古登が、『混沌』を受けているってことと。…彼を追っているっていうことだけだ。

僕が知っているのはそれくらい。…それで?何が言いたいんだ」

ややいらつく。上からモノを言われている。背丈の差だけでは、ない。

「まぁ、それで充分だな。あの馬鹿の性格上、そこまで知らされていれば上々だ」

空気は変わらず。でも、何かを探られている気がする。

「馬鹿って…古登のことか」

「まぁな」

あくまで、淡々と。

言われた言葉の意味を考えるよりも、その感情があまり伝わってこない口調が頭に焼きつく。

冷ややかだ。それが彼の性格なのかもしれない、でもそれを差し引いたとしても。

――僕はこの男がすきにはなれない。

「…少年、…一覇には近づくな」

「…え?」

不意に落ちる――

「あいつは、…もう止められない」


「古登を傷つけるだけだ」



いつの間にか僕は立ち上がっていた。

彼は、…何を知っているというのだろう。

「聞いておくか?」

「…何を」

「一覇と古登の話。まぁ、俺が知ってる話なんざ限られてるけどな」

「……」

「あいつは爺の客だったんだ。奴が古登を拾う少し前の話」

「…あの、爺ちゃんも?にいちゃんと同じ?」

「腕利きの機械工兼闇医者だ。元々裏稼業の人間相手に治療をやってた。一覇はこの街に、

かなりの重症を負って倒れてた。それを爺が拾った」

「機械、工…」

「ちなみに一覇も義手だ。あいつは左腕。爺が手術した」

「…そう」

「それが縁で、ちょくちょくこっちに来てたな。俺はまだガキだったけど、それなりに話はしてた」

「…一覇は、どんなやつなんだ…?」

「別に。普通の人間だ。馬鹿みてぇに真っ直ぐで、男のくせに涙もろくて、

阿呆みてぇに他人のことを気にする」

「……なんか、全然印象が違う…」

「そうか」

「だって、『一覇』は古登を傷つけて、それで『混沌』をヴェイタのおっちゃんにもかけて、

今も古登を置いてどっか行ってて」

あいたいなぁ…

そう古登がこぼしたのは――いつのことだったか。

「あいつは…」

ハレルヤが、もう一度低く呟いた。

「変わった。…今は自我を保つだけで精一杯じゃねぇか」


――自我?


「『混沌』は、…核であるあいつ自身にも悪影響を与えていることに変わりない。

あいつは言ってたよ、"俺で最後だ"と。…どういう意味なのかは、しらねぇけど」

「……一覇は今、どこにいるんだ」

「しらねぇよ」

「何で知らないんだよ」

「わざわざ行き先を人に教えてから行く人間か、少年は」

「―――」

つい、彼を責めるような――そんな口を聞いてしまったが、彼の目は変わらないままだ。

理不尽だ。…僕は、…何をイラついてるんだ。

「ただ、古登は」

「え」

「あいつを追うことをやめねぇだろうな。…まるで親を追うガキだ」

「………」

「古登の手術をしたのは俺だ。でも命を繋ぎとめたのは爺だ。だから主治医ってのは、

爺のほうだと思うんだがな」

「その…手術って…」

「今から、…何年前だったっけな。一覇が『混沌』の激しい浸食に、堪えきれなくなったんだと。

力の放出でひとつ、ちいさな集落が消えたらしい。…セルネオのすぐ近くだった」

消えた。――また、消した。

「一覇は切れそうになる意識を必死でこらえて、しにかけた古登を連れて爺に預けたんだ。

…泣いてたな。俺もまだガキだったが、あれだけは、忘れられない」

「……」


ハルヤ、頼む。

…古登を、たのむ。俺は―――

…もう、だめなんだ。

もう―――古登の傍にいちゃ、…だめなんだ――


…ハレルヤは少し目を伏せて、押し黙った。

何かを思い出しているかのように――


「…少年」

「…少年って言うな、カイエって名前がある」

「そうか」

ふ、と彼は初めて表情を崩した。柔らかな笑みだった。

「…悪いがな、とりあえず頼んでおく」

「…何を?」

「あいつの傍にいてやってくれ」

「………いちはの?」

「古登だ」

「…え…え?」

そんな言葉が出るとは。思わず動揺を隠せない。彼は。ハレルヤは…何を――

「初対面の少年にこんなことを言うのもなんだがな。

…古登はな、あいつと同じなんだ。酷く孤独だ。古登をそうさせたのは一覇自身だ。

奴もそれは解ってる。痛いほどに。だからこそ古登から自分を遠ざけた。だが古登は奴を

追う。それはもう、俺は何度かやめろと言ったんだがな。…聴く耳なんざ持ってねぇ」

「……」

「一覇は、てめぇで自分の罪を背負ったまま、苦しんでる。だがそれは俺からすれば自業自得だ。

…それも理解してるけどな。しょうがねぇ野郎だ」

「………」

「てめぇの罪は、てめぇで片を付けろ。奴に関してはそれでいい。だが古登はな。…どうしようもなく

…どーしようもねぇんだ」

その表情には、冷たさはない。

「いつか、古登はまた傷つくだろう。それまでやめねぇ。あいつはそういう女だ」


だがそのとき。その瞬間には。


「…カイエ。古登の傍にいてやってくれ。…俺には、荷が重過ぎる」




「…じいちゃぁ…」

「古登ちゃんよ。目が覚めたかい」

「うん。手術、終わった?」

「はは、手術というもんはしてねぇよ。ちょっとばかし大丈夫か見ただけだ。良好良好。」

「ふふ、寄ってみてよかったよ」

「ああ。…古登ちゃんよ、お前って子はまた罪つくりな女だなぁ」

「??罪つくり…?あたし、何かした?」

「いやいや。くっくっく。若いっていうのは、いいことだねぇ…」

「ん~…?じいちゃんも充分、若いと思うけどなぁー」

「はっはっは。そうかい。ありがとうなぁ」

「ふふ、うん。…カイエ待たせっぱなしだ。そろそろ行かないと」

「ああ。今頃はハレルヤと仲良くしてるだろうけどなぁ」

「ほんと?ハルヤ、友達いないからよかった」

「くっくっく」

「…ふたりとも、元気そうでよかった。うれしい」

「爺もだよ。古登ちゃんが元気で顔を見せてくれて、よかった」

「ふふ。また来るから。」

「…古登ちゃんよ」

「なに?じいちゃん」

「…元気でいてくれなぁ」

「あは、じいちゃんもね」

「うん、うん」



そうして、彼女は発った。

カイエという少年と、一緒に。

少年はぽつりと、最後に呟いた。

『にーちゃんは。…一体誰の味方なんだよ』と。

こたえてやった。


「あんな意味のわからん奴らの味方になんざ誰がなるか。

…そうだな、強いて言えば、少年。お前側ってことにしとけ」


眉間に皺を寄せていた。

少年には伝わっただろうか。


―――別にいいか、そんなん。

爺が嫌な笑い方をしていやがった。…いつものことだ。

次にあいつが来るのはいつだろうか。

…それもまた、別に考えなくて、いいか。


PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ハレルヤ・ミーク&ヨエル・ミーク HOME この掌に宿る 中
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
最新CM
[12/17 いつか]
[12/16 みえさん。]
プロフィール
HN:
いつか
性別:
女性
自己紹介:
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。
これからもずっとずっとご一緒できたらいいな。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析