忍者ブログ
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。 愛あふれております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「…義手?」

「うん。そ。あと、こっちの脚も。こっから下、…義足。」


僕は自分が思ったより自然にそれを受け入れたのを感じた。

隣にいる少女は、腰掛けながら右脚の「箇所」をぽんぽんと指している。

座ろ、と僕を見上げる。他人の家の玄関口だというのに、いいのだろうかと思いつつ、従う。

その少し伏せがちな瞳には、翳りは見えなかった。

拍手[0回]



「今からー…五年前になるかなぁ…一覇と別れたとき」

「…うん」

古登が自分から、自分のことを話してくれたのは初めてだった。

それがなんだか嬉しくて、でもなんだかかなしくて。

だってそれは、紛れも無く彼女の古傷だ。彼女の過去は「傷」そのものだ。

自分の過去とは、また違う。

その傷をどう、彼女が想っているのかは、自分にはまだ、わからない。

『一覇』のことも。


「一覇がさ。…ちからをね。解放したんだ。その日、突然。その時、…なくしちゃった。」

「…何を?」

「ここと、ここ。」

そして彼女はゆるいいつもの笑みを浮かべながら、先程のように指差した。

――左腕と、右脚を。

「…じゃぁ、それ…は。…一覇が?」

「そうなるかな。あたしもさ、その時、何がなんだかわかんなくて。咄嗟のことだったから、

 避けきれなかったんだ。」

「…―――」

それは。

…つまり…『一覇』が…古登を…―――

「あ、いいんだ、そのときのことは。…一覇、すごく”ゆがんで”た。『混沌』が一気に進行

 しちゃったんだと思う。運が悪かったんだよ、一覇も、あたしも。」

「…っでも古登、そんなの――」

「人ん宅の前で何してやがる」

突然上から露骨に不機嫌な声が落ちてきた。

背後の扉が開かれ、恐ろしく眉間に皺を寄せた眼鏡の作業着の男が立っている。

「ハルヤ」

――古登が気さくに話し掛けた。ということは、彼が―――

「…古登。てめぇ、…まーたアポなしできやがったな」

「だって必要ないじゃないか。あたしの主治医なんだから」

「誰がだ」

そう短く言葉を投げつけると、彼はふいと後ろを向いてまた室内に戻る。

古登はぴょんと立ち上がり、心なしか嬉しそうにそれに続く。

そして、くるりと後ろを向いて、僕にこう言った。

「カイエ、おいで。あたしの主治医、紹介するから。」

笑顔で。

「……」

うん、と短くそう応え、彼女に続く。

うまく言葉を繋げられない。僕に構わず彼女は慣れた様子で入っていく。

…セルネオに住み、数年前彼女の脚と腕を「手術」したという、機械工。

その機械工に「メンテナンス」の為会いに行くから、付き合ってと言って来た古登。

……なんていうか、あんなに若い男だなんて、聞いてない。

今はただ、黙ってついていくしかなかった。

 

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この掌に宿る 中 HOME (7)毒牙
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
最新CM
[12/17 いつか]
[12/16 みえさん。]
プロフィール
HN:
いつか
性別:
女性
自己紹介:
交流企画「オリキャラRPG」様関連専用ブログです。
これからもずっとずっとご一緒できたらいいな。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析